« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

和とじ3冊目

昨日に続いてもう1冊作りました。

Picture_1641

日本からいただいたカリンのど飴の袋です。 裏側のキャラクターがかわいいの。 でも、何を表しているのでしょう?

Picture_1621

カリン、フランスではマルメロ、こちらではクインスですが、うちの1軒おいたお隣に1本あります。 そんなに大きな木ではないのに毎年巨大な実が鈴なり! たくさん分けていただきますけど、ジャムにするかチーズにするか、そのままでは食べられない果物です。 これ、といった特徴的な味もしないし、表面にうっすらと産毛が生えているのも不思議なかんじ。 とにかく身体にはいいのですよね。 

                     にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2冊目のノート

とってもフルーティなロリポップの袋で作りました。

中身は苺とヴェリィベリーが3本ずつと、青りんごとぶどうがそれぞれ1本ずつ入っていました。 酸味が効いていて私のお気に入りです。 しかもチャッパチャプスより大きくて、おいしくて、安いんです。

Picture_182

裏はこんなかんじ。

Picture_158

熱処理のシールがいい加減で、引っ張れていますね。 オーストラリアらしいです。

でも、元気あふれる黄色がいいですね。 中の紙は見えていませんがキャンディカラーを混ぜて使っています。

                         にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テープでデコレーション

あっ、ついにうわさのマスキングテープ入手?

Picture_1491 

まさか。。。ね。

私の愛用している蛍光色超薄ビニールテープを、事務用の封筒に貼ってみただけです。 透けているのがわかりますね。

ポプリを送るのに、ピンクとオレンジ系で何とかしようとしているところです。

Picture_1401

切手もピンク系です。 人気のない干支の切手と、おなじみレインガ岬。 

ニュージーランドが干支の切手を出すようになって今年でちょうど13年目、つまり牛から始まりました。 しかし、私は前回の写実的な、ご当地牛数種の絵の方がずっとよかったと思っています。 今回の図はあまりにも中国風で、ここらしさがありません。

                    にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の足音

もう2月も終わり、秋のカタログのラッシュです。

Picture_135

すぐに封筒にしてしまいますが、そんなに封筒ばかり作ってどうするのかという疑問、質問が内外からあります。 レターセットを買ってもだいたい封筒が余りますから、買った封筒、作った封筒で、とにかく、常に封筒には事欠かないという状態ですね。 答になっていないけど。

Picture_137

私は封筒を作るのに型というものを使ったことがありません。 もちろん当地でも売られていますよ。 でも、必要性をまったく感じないので手を出さないのです。

カタログ、ポストに入っている広告、お店でもらってくるリ-フレット、かわいい包装紙など、手軽なA4かA3サイズのものならささっとできます。 最初の頃は定形かどうかをものさしでチェックしてから作っていましたが、今は慣れと勘だけ。

メインの図柄を中心にして三つに折ったら脇の部分をトリムして、のりと両面テープで貼り付ければできあがり。 中紙を入れる時は、外側と一緒に折れば一石二鳥ということです。 それでも、型で作ったものと比べたことがないので、どの程度できているのかわかりませんけどね。 いい加減が良い加減

                     にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガーデンフルーツ

今朝は、シーズン終わりのプラムとネクタリンでプリザーブを作りました。

ざっと洗ってからガラスのボウルに、指でほぐし取った果肉と、砂糖をさらさらっと入れ、ラップをかけて電子レンジで5分。 なるべく洗い物を出さないのが私流。 透き通る赤色も美しいストーンフルーツのプリザーブができました。 香も夢見るようなかんじ。

そして、写真に撮る暇もなく、朝食のトーストやヨーグルトと共にみんなのおなかの中へ消えていきましたとさ。

そんなこんなですので、たわわに実った裏庭の青りんごの写真をアップすることにします。

Picture_132

すると、こんなものを発見! 実のなっている同じ枝に花が咲いているではありませんか! つぼみもついています。

Picture_130

こちらの青りんごが完熟するのは、まだまだこれからの寒くなってからで、冬の雪の中でもしっかり枝についていてくれるタフなくだものです。 もちろん、ほとんどの実はそれまでに収穫するのですけど、もいでからも長持ちなのが更にいいところ。 アップルパイの季節に欠かせないたのもしいりんごなのです。

それにしても、実がなっているのに花が咲くのを見たのは今回が初めてです。 元気いっぱいでよかったね、そしてありがとうという気持ちになりました。

                     にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンダレター

アドレスラベルの厚紙のパッケージが空になりました。 厚すぎず薄すぎず、細工するのにちょうどいいかんじ。 さっそくだいたい半分に切って裏返し、簡単封筒にしてみます。

宛名ラベルには、去年新潮文庫Yonda?CLUBでもらったマグカップについていたフリップブックを1ページ切り取り、使いました。 サイズがぴったり。

Picture_1231

Yonda?CLUBのマスコット、パンダのイラスト付きです。 あわせるパンダの切手がないので、同じくパンダをマスコットにしているWWFと提携した、「世界の絶滅危惧種を救おう」切手を使いました。 

この切手が出された時点で86羽の生存しか確認されていない、ニュージーランドの夜行性オウム、カカポの切手、4種類です。

Picture_1241

レターセットは日本からの贈り物、かわいいですね。 でも、確かに縦型封筒ですが、宛名は横書き、なのに切手を貼る位置が逆の左上になっています。 私、こういうことがたいへん気になります。

Picture_126

そして仕上げに、同じくYonda?CLUBでもらったガムテープを貼りました。 あとはエアメールのステッカーを貼ればでき上がり。

Picture_1281

これらの景品は、抽選ではなく、新潮文庫をについている応募券を集めて送るだけで全員もれなくもらえるからお勧めですよ。 しかも実施期間が2年以上あって、日本に住んでいる人なららくらく貯められると思います。

                      にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

叔父への便り

年配者向けにおとなしめの封筒を作りました。

JALの機内でもらった雑誌の1ページ、コートのコマーシャルです。

切手は婦人もののコートと色を合わせて、盲導犬ラブラドルリトリバーと、北の果て、レインガ岬の朝焼け(多分)にしました。

Picture_087

おまけとして芯から暖まるラベンダーのエッセンシャルオイルで作ったバスソルトを2回分ほど。 ラベンダーの香でゆっくり眠れることを願って。

Picture_0531

タグは去年のカレンダーをベースにして、上に重ねた透ける素材は秘密。 たくさんの人が本来の目的で使っているのでしょうけど、何なのかきっとわからないと思います。どなたか当ててみますか?  当たったらバスソルトを差し上げます。 正解が出るまで有効ですので、何年後にこれを読んだ方でもコメント欄に答を書いてみて下さい。 ひもはバングラデシュの女性グループ作のヘンプロープを使いました。。

                        にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのあんこのお菓子

このところ、本来ならば捨てるものを利用した手作り制作が続いていましたが、今日はスキャナー、コンピューター、プリンターに働いてもらってこんなものができました。

Picture_1121

いただいたお菓子(甘すぎなくておいしいきんつば)の箱の包み紙。

Picture_109

入っていたお菓子でピンも作ってみました。

Picture_114

やっぱり捨てるもの利用ですね。

Picture_1101

この会社の景品に見えないこともないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めてのメモ帳

ぶんぶんぶんというブログで、毎日魅力的なリサイクルノートブックその他を作って紹介しているNinaさんに刺激されて、まねっこをしてみました。

ページをじっくり見せてもらったのは言うまでもないですが、小川和紙ネットの和とじ説明のサイトまで教えてもらって、通信教育の講座受講をしているようなかんじでした。

そして、数日かかってやっとこさっとこ作ったのが、これです。 無骨に穴の大きいこと!

Picture_121

この一年ほど私が愛用しているある物の空き箱を使いました。

このティシュ-、メンソールとミントのダブルパンチで、風邪、花粉症の鼻づまりは解消。 夏はちょっと湿らせて鼻に当てていると、クールな香が脳にまで染み渡るようなかんじがして集中力がアップするのです。 汗ばんだ肌に当ててもすーっとします。

Picture_118

一応切り取り線も入れて、紙はミントグリーンとホワイトのコンビ。

新しい紙で作った点がもうひとつですが、なんでも頭で考えているだけじゃ始まらないと思い、まずはやってみたというところを評価してやって下さい。

Picture_1221

新境地を開かせてくれたこと、Ninaさんに感謝してます。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏の終わりのポージー

Picture_068

バラ、デルフィニューム、マーガレット、スイートピー、フィーバーフューとモンブレティア、夏の顔ばかり集めてポージーを作りました。

差し上げるものではないので、ざっとまとめて口の広い花びんに投げ込んだだけ。

でも、朝露が薫るようなさわやかな花束になりました。

Picture_072

逆光ですが、後からもパチリ。

スイートピーはこれが最後の1輪となりました。 また来年もよろしくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デパートの化粧品広告

あんまり明るくて夏らしいので、カタログ形式の広告ページを封筒にしてみました。

Picture_097

宣伝文などは裏側のフラップに。

Picture_0981

ぺらぺらな紙ではありませんが、一応裏紙を入れてあります。

Picture_0991

Picture_100

値段の部分には宛名ラベルや切手を貼ればいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国語なら

日本語、中国語、韓国語のテレビガイド兼月間情報誌のようなものがあります。 

ほとんどが中国語のページで、日本語と韓国語はシンプルにテレビ欄と、その月のお勧め番組の宣伝のみ。 占いページなど、読める漢字を拾ってみたりしますが、やはり中国語がわからないとつまりません。 そのページで封筒を作って見ました。

Picture_107

映画の宣伝、旧正月のイベントの宣伝、そして1番下のはバレンタイン前だったせいか、こういうタイプの女性にはどういうプレゼントがいいかというような記事のページです。

読めないからいいってものでもないかもしれません。

だんだん自信が無くなってきました。

せっかくのエコなのに、ECOの前にSをつけたセコになったら作った甲斐なしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチングッズカタログのページ

今日はキッチングッズのカタログで封筒を作ってみました。

明るい色合いでセンスのいい品揃えは、この国の新しいもの好き、お料理好きなおしゃれさんにとても人気があります。 でも、ほとんどが輸入品なのでお値段も、高いものが多いですね。 ただ、この手のカタログは見ているだけで楽しくなれるのがいいところ。

今までは、届いたらきちんと見て、すぐ買うものがなくてもしばらく置いておいて、またチェックしたら、それで終わり、つまりリサイクルごみとして出していた物です。

だいたい、どうしても文章に目が行き、じっくり読んでしまうので、とても封筒などにはならないと思っていました。 しかし、発想の転換、柔軟な考えを導入してささっと作ったのがこんなかんじ。 そんなに薄い紙ではありませんが裏にはカラーのコピー用紙を貼りました。

Picture_104

英語の人々には不評なので、日本行きになります。 写真のレイアウトがすてきだし、コンピューターの画面では文字がつぶれるでしょうから、ぱっと見て「せこい!」とは思われないと考えています。 希望的観測ですがどうでしょうか?

Picture_105

うーん、お値段がはっきりと見えていますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おもしろいこと

こんな封筒はいかが?

Picture_093

$30以上? それから裏はこうなっています。

Picture_094

何にも売らないって??? 

Picture_092

実は、$30以上の品はありませんというセールカタログの表紙でした。

エコ封筒と言うより、おもしろ封筒になりますね。

こちらでは老舗のメーカーなので、たくさんの人が見ているはずです。

裏を付けて、国内便にしようか、それとも英語のわかる人への国際便に使おうか思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏の氷

今日も34度、暑かったです。

なんと、いつもは飲まない炭酸飲料を飲んでしまったほどです。

気持ちも涼しくしようと思い、氷のイメージの封筒を作りました。

材料は、タブロイドサイズのローカル雑誌の表紙です。

Picture_083

これを受け取る友人は、寒い国にいるのでよけいに冷えてしまうかもしれません。

大判なので送料は$3、現地感覚なら¥300ですが現在のレートで言えば、悲しいことに¥150に満ちません。

夕方20度ぐらいに下がったら、乾燥した肌に風がひんやりと感じられました。

慣れというのは恐ろしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハニーボーイ アンド アイスクリーム

今日の最高気温はほとんど体温の36度に達しました。

それもそのはず、海の向こうのメルボルンで46度を超したんです。

私はあわてて桃とネクタリンの収穫を済ませました。 写真はその1部です。

桃は黄桃(ハニーボーイという種類)ですが、身は柔らかく、枝で完熟したその香と甘さはこたえられません。

おや、右から2番目のネクタリンはあまりの暑さに、ぱっかりと割れてしまっているではありませんか! 虫に見つかる前に保護できてよかった。

Picture_057

そして、フレンチバニラアイスクリームを添えて、ミントの葉をのせれば簡単デザートのできあがり。 見ている間にアイスクリームが溶けていく、真夏のカフェもっくんでした。 (先に盛り合わせてしまったので、テーブルセットする時間がありませんでした。 本当にこれは、アイスクリームをのせて5秒もたっていません)

Picture_047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンクづくし

毎日暑い日が続きます。

ブログ初心者の私は、さっさっさーとことを運べなくてまた日にちが経ってしまいました。

ここしばらくいろいろな方の助けを借りて、今日やっと新しくエントリーできることになり、ほっとしているところです。 皆さんありがとう。

Picture_024

これは、先週14歳になったハトコ姪へのプレゼントパート1です。

寒い日本にいる、ピンク好き、犬好きの彼女の為に、夏の国からお風呂グッズも添えて送りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »